FC2ブログ

恋*初恋


オトメイト VITA展開 感想

  1. 2014/03/25(火) 13:21:55|
  2. 未分類
  3. | コメント:0
ちょうど仕事してお昼の時にネットみたら                                                                                         「9月以降の新作ラインナップはすべてPSVITAがプラットフォームです」って書いてあるけど。(゜□゜)マジか                                              9月以降つまりこれからの新作はVITAでやるってことか。                                                                                                                                      まあね。大学の頃から私の好きな英雄伝説で買うと決めてよかったけどね。(^ω^)全然OK                                                                 税が上がる前に本当貯金して買えてよかったわ。                                                                                      でもね画面が大きくなっていいけど電源切れやすいんだよな。電源いれるの面倒だけど。                                                            それと8GBのメモリーを選んでよかったなと思いました。ダウンロード版なんて買う気もないしね。                                                              裏語薄桜鬼まではとりあえずpspなんだな。                                                                                   コードリアライズが秋発売予定とのことです。                                                                                       リヴァイスディーも秋だと予想しておきます。                                                                                       2014年新ブランドで入ったプチレーヴはVITAだしね。これからの活躍が見れそう。プリストもvitaだしね。                                                         乙女ゲームでVITAに移行する会社は増えるだろうな。                                                                                                        ロゼさんとエテルワールさんとブロッコリーはどうするかだね。                                                                               PSPがなくなりそうな予感。乙女ゲーム会社が困るはず。日本で有名な手塚プロダクションあるしね。                                                                                                                                          高林さんのcolorful5もvitaに入るといいな。イラストレーターだしね。                                                                      こんな忙しい時に準備しといてよかった。今プレゼン出張中だっつーのに。ブログ更新これで頑張れる。                                                                                                                     しばらく買う予定もないオトメイトですが9月以降は買うと思います。たぶん
スポンサーサイト

オメルタ CODE:TYCOON 感想

  1. 2014/03/24(月) 00:30:50|
  2. 花梨エンターティンメント
  3. | コメント:0
中古でオメルタ CODE:TYCOONを買ってフルコンプしました。                                                              以前より艶が違うような気がします。急いだのかな。おまけが脇カプとか学園見れて楽しかったです。                                                            花梨で買えるものは買ったかな。脇カプではドラゴンヘッドが好きかな。後編が切なくて。                                                     キャラの感想ね。                                                                                                                                                                                     ここでは瀬戸の悪事がわかるルート。薬ルートでした。                                                                                   「俺はお前のわがままをきいてやる。お前の我がままなら俺はなんでもきいてやる」                                                                      jjが優しかったですね。それとHが色っぽい。                                                                               藤堂                                                                                お風呂とか実は新婚っぽいことを狙ってたのか。マスターが主人公が独立できるとこを見届けるルートでした。                                                        劉漸                                                                               今回はキスをようやくしました。やることはやったって感じ。                                                                                 とりあえず瀬戸と組んでいて支配下が続いてアメリカに逃げたということでいいかな。                                                 もう一人の自分とは過去から受け継いだものなのかな。                                                                            瑠夏                                                                                   jjが違う瑠夏とはまた違う自分の意見を言えてよかったです。                                           リーダーを支える二人の成長かな。学園では「大切なヒト」と言ってくれて嬉しかったです。                                           やっぱり恋人になったからにはね。                                                                                                                                                               瀬戸を殺さないでいられることで自分を保っていられたということでした。                                                                          以前よりわがままではなくなって救う立場なんですね。jjに会いたいという梓が可愛かったです。                                                           梓はおまけでは成長した姿見れてよかった。                                                                           宇賀神                                                                                    宇賀神さんはしっかりしていて用意周到でした。jjがちゃんと馬鹿といって止めてくれてjjがカッコよかったです。                                               いじわるなJJのHが凄い萌えた。BLとしては十分満足でした。                                                                         桐生                                                                     桐生がすねた心が可愛いです。                                                                                             「なんてもったいないことを俺だってこの男からそんなプレゼントなどもらったことがないっていうのに」                               桐生は後半まで笑いが止まらなかったです。以前より気持ちが強くて素直に気持ちをぶつけて可愛かったです。                                                          ちゃんと「おかえり」といってくれました。                                                                                 密林の虎                                                                         無理やりというのが私は好きではないのですが、後半は仕方ないとかになってたけど。                                 墓とかね。不器用なりにjjのことは思ってあげようとしてました。                                                                 キャラ的に宇賀神>桐生>瑠夏>梓>藤堂>劉漸>密林の虎>橘です。                                                                  宇賀神さんは手錠とかね。萌えた。脇カプとかおまけが豊富で大満足。                                                                            オメルタは全員BLに徹したゲームでした。(^ω^)女性一人もいません。                                                     またBLゲーム世に出して頑張ってほしいです。赤ん坊が成長した物語とか続編ありそうだし。                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                 

ビーズログ2014年5月号 感想

  1. 2014/03/20(木) 14:55:00|
  2. 雑誌
  3. | コメント:0
ビーズログ2014年5月号見てきました。雨でも情報は知りたいものです。                                                           新作はプチレーブの第二弾ボーイミーツマジック。陰しかなかった。                                                                              オトメイトの新作はコード・リアライズ~創世の姫君~と戦場の円舞曲。                                                            コード・リアライズ~創世の姫君~は「猛毒の少女はーそれでも愛を求めた」というのが企画                                                  珠玉のラブストーリー。                                                                                                  ディレクター  一(にのまえ) ジョー。シナリオ 西村悠 原画miko                                                               猛毒。主人公に何か秘密があるんでしょうね。まだなんともいえないかな。                                                                                                                               戦場の円舞曲はプリンセスアーサースタッフらしいです。                                                      前野智昭さん、加藤和樹さん、柿原徹也さん、石川界人さん、小野賢章さん、中村悠一さん                                                 プリアサのFDやらないのか。FDというより移植に走ったんだな。                                                                               気になるのはてづかプロダクション。アニメ制作会社か。背景に期待できそう。                                                                        一人だけしか好きな声優さんいないけど絵見たら買いそうね。                                                                                   maniaque'sがE:RobottesのPCゲームやるらしい。キャストは浪川さん、小野友樹さん、岡本信彦さん。                                              5月からドラマCD出るみたい。浪川さん出る。これはスルーかな。ロボットだしね。                                                                           後、ハニービーはさといさんと新作ゲームを作る情報がありました。                                                                  レンドフルール                                                                               レオン=自由と破壊の騎士。主人公に一目ぼれして猪突猛進。直情型のメインヒーロー。                                         ルイ=秘密と退廃の騎士。王子の癖があるとか。あまりピンとこないかな。                                                   ギスラン=戒めと狂乱の騎士。主人公を厳しくチェックする。ギスギスした感じを出すみたい。                                              オルフェ=親愛と孤独の騎士。人懐っこく寂しがり。小悪魔な感じを出すみたい。                                                   ユベール=柩と檻の番人。主人公の教育係。お兄さんみたいな感じでお腹の中が真っ黒みたい。                                     舞台は空中都市でした。ルイ以外は気になるキャラいっぱい楽しみだな。                                                            BLACK CODE                                                                       「天使か悪魔でもかまわない。救いを求める」やっぱりこのゲームは気になるかな。                                     強いけど脆い所あったり主人公の秘密とかね。べリアルの占いとか。                                                                             私的に黒雪姫は魅かれないので評価待ちします。                                                               リヴァイス・ディー                                                                こたつ。舞台は日本か。鋭い爪。変身隠さなくていいのか。                                                                                 背景が凄いカラフルです。しばらく様子見ですかね。ミステリアス×ファンタジーか。                                                                       エンケルトビレット                                                                             子供扱いするアレクサンダー。ちょっとやりたいことがあるとか。                                               問題はミニゲームなんだが初動では買わない。                                                                        ヴァルプルガの詩                                                                           髪が伸びたり、手の甲に痣。主人公に秘密があったり。岸尾さんが敵キャラか。                                                とりあえず発売が決まったら考えるか。これは双子が気になるぐらいだし。                                                            クインロゼはクリムゾンエンパイアをリメイクするらしい。絵師さんがかなり変わっててがっかり。                                                 なんか目がみんな同じに見える。マーシャルとジャスティン好きなのでショックですが。                                               戦闘はたぶんなくなると思う。それはそれでやる気がないな。スルーだ。                                                                             後半のページにcolorful5というのがありましてイラストレーターIBUKIさん シナリオ 高林祐樹さん                                                     目と唇が凄い独特だな。カラフルでグロス塗ってるような。                                                                                 公式開いてある→http://www.colorful5.com/                                                                                     絵は私にとっては二番目だしイラストレーターというだけで情報が楽しみかな。キャスト次第かな。                                                               シナリオはストラバの人か。                                                                                               当分オトメイト買う気が私はなくなってるから新しいブランドの人が出てくるのが嬉しいです。                                                                 情報はこれぐらいにします。                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                           

オメルタ ~沈黙の掟~(BL) 感想

  1. 2014/03/15(土) 23:33:13|
  2. 花梨エンターティンメント
  3. | コメント:0
ここの所、花梨を買い続けてる私です。                                                                                          jjはさびしがり屋なんだろうな。一匹狼=さびしがり屋か                                                                                恋愛の的は宇賀神さんだと思うけど。乙女ゲームも好きな私だからそう思う。                                                                フルコンプしたのでキャラの感想に入ります。                                                                                                                                                               橘の萌え所がよくわかりません。私がオタクだからなのか。場の空気の読めない奴はタイプではない。                                                              口が軽いし都合主義。まあこう言う奴はよくいる。脇キャラ要因に入ってもおかしくないキャラかも。                                                          jjが賢く頼りがいあって強いかな。好敵手か。昨日の敵は今日の友とか言う奴か。                                                         記念に闇鍋はないと思うけど。3年B組とかね。ギャグ要因なんだろうけど。                                                         私的に顔的にドラゴンヘッドの井田と交換してもいいと思う。そっちの方が顔的にタイプだったです。                                                                 藤堂                                                                                                     囁き優しく襲うキャラ。包容力ある感じだけど。                                                    橘を名前でよんだり、手にキスしたり若い人が好きなのではないかと思います。自分で浮気性って言ったもんね。                                                       宇賀神                                                                              盗撮か。変な趣味持ってたけど攻めより受けの方が萌える人でした。                                                                             弱みを掴んで利用する人。策がうまく外れてからはキャラが一変した感じ。                                                                         「縛るものがなくなっても私に力を貸してくれますか。」ちゃんと「ありがとう」と言ったし。                                                             夫婦としてもいいかな。宇賀神さんは賢いし稼ぐキャラだと思う。                                                                              言いたいことはっきりいうしね。うまくやっていけると思います。                                                        劉漸                                                                           劉漸は一体何がしたいんだか。護衛だったのに劉漸が標的になってる。はっきりしない男だと思う。                                                                Hがせっかち。jjはオトヒメとしては成りきれないんだな。                                                      意外に頭なでるしちょっとまぎらわしい。一体何人いるんだ。                                                             どこがグッドだ。バッドエンドじゃないか。アナザーエンドがグッドか。                                                                           会話的に外の世界より監獄の方が安全なんだろうけど。続編は監獄の中か                                                                   霧生                                                                                  少女漫画でよくあるファンクラブの揉め事みたいな感じから始まったと思います。                                                            欲情から入った恋愛ね。jjは攻めの方が萌える。                                                                                    「お前の大事なものなら俺も大事にしてやる」格好いいし「そういい子だ」jjは攻めの方がうまいわ。                                                   「生きて戻ったら抱きたい」とかね。名前で呼んで「いいだろ。別に知らない仲じゃない」凄い萌えたわ。                                                      瑠夏                                                                                 なんかチャライな。浮気する人は私も嫌だけどね。ボスはそういうものなんだろうけど。                                             正義の感じでかっこよかったな。                                                                                            「俺だけを抱くというなら俺はいくらでもアンタのために命を張れる」と言ってjjがめっちゃかわいかった。                                                          これで安心して任せられる。意外と独占欲強いキャラに変わったわ。                                                                                           jjが嫉妬する場面は見かけなかったような。二人に気を使って我慢してたのか。                                                                       家族じゃなくて恋人とちゃんといってくれるかな。そうじゃないと剥れる。                                                                                                                                                              「勘違いだろ」と何回そう思ったことか。記憶障害。遠距離恋愛みたいな感じかな。                                                 撃ち合いになって「責任取ってくれるかな」みたいなことになった。                                                                    最初我がままでjjが手をやいてたし。記憶障害になったら物わかりがよくなって成長したかな。                                                 消極的になってよくなった感じ。世話焼き女房みたいじゃなくなった。                                                                      キャラ的に霧生>宇賀神>瑠夏>梓>藤堂>劉漸>橘です。                                                                             霧生の時はjjが支える男になって言うことがカッコいいわ。                                                                    総合評価                                                                             評価別れてるけど銃撃戦好きだし私的によかった。好みのタイプの問題なんだろうけど。                                                                                                                           グラと絵師さんは結構いい感じ。jjは麗しくて絵になるいい男だと思います。                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                

大正メビウスライン PSP 感想

  1. 2014/03/12(水) 21:52:51|
  2. LoveDelivery
  3. | コメント:0
千家のHシーンの時は顔を中心にしたりするんだな。千家好きとしてはちょっとショックだったけど。                                                                                                             後日談のミサキのために買ったかな。                                                                                   ミサキ                                                                            主人公が乙女です。ずっと自分のこと「私」だし。「南君の恋人」みたいなことになってた(笑)。                                                とことんしがみつくんだろうな。                                                                                 館林                                                                                         ビリヤードだしな。ほんわかした感じになったかな。                                                                        時雨                                                                             ノーマルでも結ばれるんだ。PCではノーマルの時は友人?だったような。                                                              最後がノーマルの後日談なんですよね。エンドはときめき感はなく絆か。                                                              千家                                                                            千家は主人公を大切にするシーン「バスタブ」が追加でした。これはこれでラブラブだわ。                                                      後日談はノーマルの奴ね。一人二人会話。部下にきこえると思うのだが。                                                                  一人ごとといえばそうだが悲しいけどうまくやれると思います。                                                                              キャラ的に時雨>千家>ミサキ>館林です。順位はPCでも変わらないです。ハッピーとしては時雨が一番。                                    ミサキは特殊だしね。千家は独特かな。                                                                                          やってわかったことは千家のダークさが物足りなかったかな。                                                                                後、新規スチルはキャラがちょっと変わってたり。(゜_゜;;)絵師さん違う人なのでは。                                                                  この線だとFDは違う絵師さん使うつもりなのではと思いました。                                                                               これからは18禁で元々やってた奴はPSPではあまり買わないかもしれない。                                                                                                                                                                                     物足りなくて中古でオメルタ 沈黙の掟を買いました。次はその感想になると思います。                                                                                                                                                                                     

断罪のマリア Complete Edition 感想

  1. 2014/03/03(月) 22:27:27|
  2. 花梨エンターティンメント
  3. | コメント:0
攻略対象のギャラリー大体埋まりました。                                                                               全体的なんですが甘さは低めのCERO Bぐらいかと感じました。攻略対象は聖職者達だし。                                                               グレゴリとかよくわからない話でてくるけどまあとりあえずだ。終わりがよければ文句なしというのが感想。                                              ぬいぐるみのウリエルは「会いたかった」とかね甘えてきてかわいかったしキャラの癖出てたし満足。                                             終盤なんですが聖職者=恋をしてはいけないという法律があるんですが宗像とクラウスはそれを意識してしまうですが何とか乗り越えた感じでよかったかな。                                                                                          前半日和とキリトはネガティブな世界観でグロかった。                                                                              宗像                                                                                母の影響なんだろうけど硬かった。終盤びっくり箱みたいな感じで出てきた(゜□゜)後数秒で死ぬ所じゃん。                                         「すべての女の中でお前が迷惑だ」とかね「もう以前の俺には戻れない」と空港で告白してときめいた。                               そういえば韓国ドラマでよくある。空港で引き留めるシーンはある。                                                                          日和                                                                               グロい。マゾといわれるだけはあるわ。自分でむち打つし。なんか最初から心が通じあってる感じかな。                                      夫婦みたいだった。                                                                                                キリト                                                                                 実は内通者だった。という話だったけど秘密で何をやったかは不明だったような気がする。                                                            ボス戦はいい風にまとめて結局は刺したみたいな感じ。終盤は咎めるとか難しいこと言ってる。                                                「人を好きになってなくなる祝福なんていらない」「俺にはそんな祝福よりマリアが欲しい」と言ってくれました。                                         ED2は姿変わるし単なるヘタレだから萌えない。                                                                      水鏡                                                                            恋には臆病な人なのかな。前篇は緊張するシーンがあったり。                                                                                 腹黒だから攻めるシーン期待したかったけど聖職者なんだね。                                                                                私的にED1の方が珍しくグッときた。誰かに守られるのが嫌だとかね。腹黒には独占が欲しい。                                                              クラウス                                                                                    マリアのために色々頑張ったんだと思うけど終盤聖職者と意識するのがショックだった。離れてみて恋が実ったって感じ。恋愛薄いかな。                                                                                      ウリエル                                                                           首筋なめたりエロいシーンあるがキスとかあるくせに終盤天使になったわ。キスしといてそれはないわ。                                                        終わりとしてはグランエンドがいいかな。人間になった方がしっくりくる。                                                                          サブキャラは恋愛としたらヴェガかな。ジョーカーは逃避行だし。ファーザーとイルミナとジードはグロかった。                                                  キャラ的にキリト>宗像>水鏡>日和>クラウス>ウリエルです。                                                                   総合評価B+                                                                      終わり良ければ文句なしかな。前と改善してあると思うし。                                                                                 花梨はアクションで頑張ってほしい。こう言う感じで戦える主人公希望。                                                             英国探偵ミステリア買ったけど迫力が足りない感じだった。断罪のマリアは戦える主人公で面白かったです。                                                           でも話はそれなりにつながりがあるし長いしどちらも面白いと思えました。                                                                          花梨はミステリアで見直して断罪のマリア買ったけど世界観はそれなりにわかったって感じです。                                                                 召喚とか少年サンデーみたいな感じで盛り上がったわ。今年何か出てくれるといいと思います。                                                  次は大正メビウスラインに移ろうと思います。貯金のため2、3月は新作1つで我慢します。                                                                                                                                                                                                                                                                                                          

NEW ENTRY  | BLOG TOP |  OLD ENTRY