FC2ブログ

恋*初恋


Dance with Devils レムとリンドとシキ感想

  1. 2016/03/28(月) 23:06:13|
  2. Rejet
  3. | コメント:0
個人ルートになってからはそれぞれ抱えてる事情があるし主人公の父とか真実知れるし面白いです。     ただハッピーEDは現代っぽいのがあるかな。3人攻略しましたけど。ファンタジー観はそこそこです。     レムは完全にヒーロー的な存在でした。リンドは行き過ぎ。好みは別れるけど。               シキはやり過ぎでした。シキは好みが大いに別れるだろうな。シキはぎりぎりハッピーエンド。         レム                                             アクマにしては一番純粋で真面目です。金持ちで物を送り届ける。                   父の責任が大いに寄せてきて。体を張って守り通す感じでした。 危ないリンドを説得できる人物。       他のルートでも主人公慰める優しい王子ですし。実は将棋好きで主人公笑う感じは珍しいですね。 ハッピーエンドはアクマルートでした。                                   ヒトだとんー。かけがえのない存在といってたけど。元々頭固いしな。時間はかかるだろうな。         リンド                                             監禁はまあこのぐらいは乙女げーであるし。呼び止めて睨まれるのは怖いな。誰でも許さないって感じで。   従妹でした。でもどれも告白はしたけどね。ヒトだとふつうだったです。これ以上続きないって感じだけど。   アクマルートは無理やりです。ヴァンパイアは暗いし狭い空間だな。                   シキ                                             さすがにここまで幸せになりたいとは思わないです。友達大事だし。蛇か幼虫に近いと思う。 「自分と同じ気持ちになりたい」でした。取り巻きも変でしたし。                             アクマルートは不気味でしたし「こんな奴嫌」バッドは「早く終わってくれ」とも思わせてくれました。 シキのこと考えつつ行動してかなきゃいけないんすね。私にとってはめんどくさいな。
スポンサーサイト

Dance with Devils 初期プレイ感想

  1. 2016/03/24(木) 21:43:56|
  2. Rejet
  3. | コメント:0
ダンデビ買ったんだけど。6章まで共通ルートでした。長いな。                     物語のいきさつがないって感じです。                                「誰でも主人公求めてる」→いきなりの呼び出し→誘拐→救出→個人ルートみたいな流れでした。      レム攻略しようとしてたんですけど気まずくなって別れるのかなと思った時に携帯電話が鳴り出すので     なーんだ。番号知ってんのか。切なく感じる必要ないだろうなって感じです。                そういう所でこのゲームはサクサク行くんだなと思いました。                      恋愛に気づく感じはあるけどね。共通でもう信頼してる感じかな。                    まず思ったのが男のエプロンは地味なのが好きです。アルバイト的な派手じゃない感じがいいんですけど。  リンドのエプロンがピンとこなくてですね。アニメをよく知らないんですが。                 グリモワールは絶大な力ということですかね。詳しい説明ないしたぶんそうなのかな。            レム=サーカス団員みたいな感じです。クルクルって飛び回りそうだなと思いました。ヒーロー的存在。    リンド=心配性。そんなには強くないみたいです。まあ一年間だけですしね。               ウリエ=白い服着て薔薇持っていかにも王子的な感じはするな。カリスマですかね。            メイジ=もう俺の物的な感じでして。ちょろいな。直球。こういう単純な男は好きです。           シキ=壊すのが好きみたいで。こういう気もい病んでれ好きだけどね。                 ローエンはしゃべりがあんまり萌えなくてですね。ツンデレのたっつんは好きなんですけど。 とりあえずレム行ってみます。

百花百狼~戦国忍法帖~ 総評

  1. 2016/03/02(水) 00:36:37|
  2. D3パブリッシャー
  3. | コメント:0
90%行ったので感想です。逃避行でした。                             シリアス。敵さらなる敵は。続きが気になる展開あり。やり始めたら眠くはならないです。           確か悲恋がテーマでしたけどバッドも短くまとめてあってあっさりしてる方なのでそうは感じませんでした。    どんな辛い山でも乗り越える主人公。怯むことなくしっかりしてて軽めです。                シナリオ ★★★☆☆ 3、5くらい                                糖度 ★★★☆☆                                       主人公 ★★★★☆                                      楽しめた度 ★★★★☆                                    総合評価 B+                                        キャラ的に五右衛門>黒雪>>月下丸>>>>半蔵、蝶治朗                     ハッピーエンドとバッドのスチルあり。なぜBかと言うと私的にやり込まないからです。            話分かればいいかなって感じです。一回やったらそれでいいって思います。                甘々、エロはないです。ただ今時としては糖度は物足りない。攻略したのにそれで終わりって思う人いると思います。サイドストーリーがダウンロードでなく入れてあったら星4は行くんですけど。             しっかりした主人公悪くない。シリアスとしてはいいかな。今としては個性的なの欲しいかなとは思うけど。    キスが最後で五右衛門、月下丸、黒雪は恋に気づき主人公のどこに惚れたか細かく書いてありました。切ない感じです。そういう点としては珍しいゲームだと思います。                        五右衛門はそーゆーのあるんだって驚きはありました。                        月下丸はウブな恋。主ですから。ちゃんと五右衛門と黒雪は恋人な感じでした。 半蔵は奥手。ゲームの中の人かな。蝶治朗は最後は甘ちゃんだったな。赤い砂堕ちる月はタイプが違うかなと思い、ダンデビを買う予定です。

NEW ENTRY  | BLOG TOP |  OLD ENTRY