恋*初恋


Dance with Devils ウリエとメイジとローエン感想

  1. 2016/04/05(火) 22:56:40|
  2. Rejet
  3. | コメント:0
主人公の父は悪いイメージだったんですがローエンでは確かな愛情が感じられました。           ウリエは恋愛の王道でメイジはアマらしくはないしわいわいチーム戦でした。                ウリエ                                             なんだかんだレムの言うことは守るんですね。誘惑やらやりすぎたりするけど。               さびしそうな目やら本気で見て幸せを考えてくれる人ということで。                    どのルートも必死な演技でアクマ、ヒトルートも努力家的な感じでした。                  ヒトルートは命がけでレムとの一つでも負けないものを見つけたという感じです。 最後は意外に笑顔が可愛い。怖い感じの出しといて。 キュンとできるというかほほえましい。 アクマルートだと繰り返し的な。どれも王道。  メイジ                                             あんなにキスキス迫っといてさ(笑)そんな簡単でいいの                        アクマルートがアクマっぽくない。何照れてるんだか。みんなが集まるの珍しいです。            主人公が小悪魔的な感じで。緊張してるし怖がり強引さが抜けたな。まあみんないるしね。          ヒトルートは兄に妹なら信じてやれと突っ込むの凄いなと思いました。背中が見えるのいいなと思ったり。   ヒトルートの方が俺様らしいと思う。                                ローエン                                            ルート回れば主人公の父は良いイメージはない。                           犬の世話をしつつ主人公が缶投げたりせっせと動いてたような。 まあどれも行動力あるけど。         最後はアクマだと忠実的な執事で。 どれも一つ屋根の下だしヒトルートだと同棲でした。          どうせ真実ルートなら私は主人公の父会いたかったですけどね。                    それくらい両親の絆も感じられましたしじわりと来ました。                        次は総評です。ウリエで乙女げー久しぶりに面白いなと思いました。声優さんの演技が光ってたと思います。 兄とシキ病んでれはそれなりに結構いい味が出てました。私的に病んでれはそんなに出てほしくはない部類ですけどね。
スポンサーサイト

<<Dance with Devils 総評 | BLOG TOP | Dance with Devils レムとリンドとシキ感想>>

comment


 管理者にだけ表示を許可する