FC2ブログ
  • 2018_09
  • <<
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • >>
  • 2018_11

恋*初恋


オメガヴァンパイア 源馬 感想

  1. 2016/12/03(土) 22:34:41|
  2. 花梨エンターティンメント
  3. | コメント:0
早すぎなんじゃないって妄想だったね。まあ外見的に見惚れたかね。                   そんで内容はなんだったっけ。ベリーブラッドだったかね。でもあまり関係なかったな。            その存在を忘れるぐらいの闘技場。組織とか細かいことは置いていけみたいな感じのファイトマネー。     先輩がさらわれたから行った訳なんだけど。監視があれ確かめて。ハインリヒのあれになるかもって奴なんだろうけど。仲間も参加していくわけで。古谷だったのか。                         プレイ前は熊打が来ると思ってたけど。熊打は逃げたあたり正直でまともな感じかもね。           豪沢がかっこよく不渡守って成長してって。                             最後には人質とボスが出るわけで主人公と二人で倒す話になって「大切な人を守る」みたいなヒーローでした。 真面目なのでそれしかかっこいいこと言わないんだよな。たぶん世界の幹部なんかな。           ハインリヒの先祖のつながりで主人公の秘密が出た。んで罰として雪の霧に連れていくってんで        闘技場を設けたと。自由になったわけだけど。無地の指輪だったな。源馬らしいっていうか。         棺桶を二人の場所にしておいてるしひっそりと閉まるとこ閉まってるな。実はあの時とか主人公がキスで約束したって話でした。                                        源馬は最初に攻略すべきだろうな。印象に残るのは終盤の誰が上でとかの世界の仕組みだったな。あまり内容っていうのはないんだろうけどボリュームが一番少ない方でした。
スポンサーサイト

<<オメガヴァンパイア 白狼感想 | BLOG TOP | オメガヴァンパイア プレイ前感想>>

comment


 管理者にだけ表示を許可する