恋*初恋


空蝉の廻 相良と結鶴 感想

  1. 2017/07/29(土) 21:19:41|
  2. Matatabi
  3. | コメント:0
そんな軟じゃなかった。サブキャラが死ぬと悲しい。紫月丸が哀れだな。ルート選ぶたびに通る訳だし痛いな。共通で私は紫月丸が楽しくて恋したわけなんですけどのえーって撃たれた感じでした。           みんなで祝うエンドは村人たちもね。攻略キャラは怪しいのいるからな。                  話は深刻。村の人死んだりしてる。狂乱でも主人公は酷くされないのがよかった。             結鶴は敵討ち。柊のことを推測してたし全体を見てるっていうか頭がいい。                失敗する可能性っていうのやらないんです。敵討ち何が何でもしなきゃって感じで。             自分で打ち明けたわけですけど。結構自分自身っていうのこだわってて魁と相良の血よりも。         そんで相良の兄は何歳ぐらいなんだか。彼は頭良くても子供っぽいので悲恋なんてボーっとしてたな。     狂乱はエロで解決か。従者ね。でもお花畑で決めるっていいなと思いました。               相良は従者育ち。父が厳格で。鬼になるわけなんですけど。                      主人公からキスするのは萌えないな。キスが嫌らしい。                        躊躇して考えたり試行錯誤したわけなんだけど。狂乱は2人だけの世界。                 ベストENDは子供生まれるし安穏になったな。ロマンを見ない男だからな。                魁は主人公に一番頼れる颯送るし気になってる。柊は何かの目的があるらしく気になるな。         物語は村人の話と書物の話なので確信めいたって程ではないです。妖魔に襲われるのはしょっちゅうだしな。FD出たとしても紫月丸の追加キャラはないだろうな。
スポンサーサイト

<<空蝉の廻 魁と颯 感想 | BLOG TOP | 空蝉の廻 初期プレイ感想>>

comment


 管理者にだけ表示を許可する