FC2ブログ
  • 2018_09
  • <<
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • >>
  • 2018_11

恋*初恋


クランク・イン 総評

  1. 2017/09/07(木) 00:18:04|
  2. プチレーヴ
  3. | コメント:0
所々あっさり目。コンクールは通知ですから。                             稽古してる所はテキストでわからなければなりません。                         緑ヶ丘学園はありきたり。のんびりしてる。                              エドワード学園は校則があり追いかけっこで。主人公の個性が見られます。                今現代の世界なので最近はアクションや流血やら濃いゲームが流行ってるので              乙女ゲーム慣れしてる人には飽きてくるかもしれません。                       そういう人には聖と真澄と柊です。問題が起きるとすればこの三人です。                 神楽坂と村雲はニュアンスが似てるし忍は昔から予告映画でよく見たことあるな。古い。           時雨お兄ちゃんは性格の悪い人がどしどし出てくるので見どころだと思います。              シナリオ   ★★★☆☆  3、5                               糖度    ★★★☆☆   3、5                               事件性  ★★★☆☆    3、2                               主人公  ★★★★★    5                                 楽しめた度 ★★★★☆                                    総合評価 +                                        キャラ的に 時雨>>>柊>真澄>聖>村雲>神楽坂>忍                     悪魔好きだけどでもやっぱりファンタジーの世界でかな。                        なぜAなのかと言うと時雨お兄ちゃんでかなり萌えたので。これこそCERO Cだと思う。          主人公はドジだったりお荷物だったりしたけど大人になったら解決しようとしたり時に迷いやら何も起きないなって時に自分から行動起こしたりするので星5付けました。                        スキルが広いということです。そのおかげで楽しめました。                       それで機能面なんですけどステータス見るのに時間を置かないと見れなくなったりします。          後バックログで巻き戻しができない。ちょっとめんどくさいなって思ったけどそんな問題はないかな。       絵はいいと思うし刺激的ってほどでもないけど人間性はつかめるかと。 9月は一つだけハイリゲンシュタットの歌をたぶん買います。
スポンサーサイト

<<ハイリゲンシュタットの歌 初回プレイ感想 | BLOG TOP | クランク・イン 時雨 感想>>

comment


 管理者にだけ表示を許可する