FC2ブログ

恋*初恋


ハイリゲンシュタットの歌 ディーとヴィッセ感想

  1. 2017/10/01(日) 12:29:51|
  2. 文化放送エクステンド
  3. | コメント:0
4章から主人公がそこにいるのが当たり前になってきてなんか可愛く見えなくないな。            って思ったんだけどディー以外は攻略対象を悪魔っぽく変えるのはすごいな。主人公を混乱させるのは凄い。 終章はご都合主義だな。ディーとヴィッセはご両親だけにシビアすぎたか。                ディーはこういう時はこうするんだと押しのけ                             フォローできない主人公のことをなぜ好きになるんだろうと思った。                    8割クラヴィアさんが独り立ちさせようとする愛を感じた。ほとんどだけど。                 恋は主人公空気読めず文句言われる始末。                             俺失敗作どうしようって感じで主人公からキスして理性取り戻したみたいな感じ。              駆け出しただけじゃ恋も発展しないっていうことだな。このキャラ疲れるわ。女の子にマラソンさせんな。     何事も成長途中な感じですかね。                                 ヴイッセは人見知りでコメントとか助けてもらっている場所を故郷のようにさせる仲間。            子供はモンスターみたいな感じだったけど孤児院もあったかい感じになった。               最後ヴィッセが死神になり仲間だったのにのえっ。                          ここは時計塔か。どう収拾するんだ。仲間いなきゃ何にもならんだろう。                  縄とくの誰に教わったんだ?なんで生き返った?人の重さであの鳥では降ろすの無理だしな。        なるほど嫌いにならないでってこういうことね。                            ありがた迷惑なマスコットキャラか。                                 3問連続の選択義が難しかった。絶体絶命って状況でしたし結果はご都合主義だったけど。         次はアルシェ。5章からアルシェは見直しました。クラヴィアさんと仲良くなった時です。           内緒で先を見て行動する。主人公はひどく不安だし混乱しちゃうんだろうな。楽しみになってきた。

ハイリゲンシュタットの歌 ハルトとアルシェとクラヴィア 感想

  1. 2017/10/07(土) 23:02:02|
  2. 文化放送エクステンド
  3. | コメント:0
不可能を可能にするのは無理がある。                               アルシェ以外は理解ができなかったです。                              そんなはまらずハッピーエンドだけ終えて終わらせます。                        緊張感のない主人公は萌えないな。16歳でもいいかも。                        恥じらいというのがないってとこが2か所は感じた。                          この主人公もギャグ要因の一人なんだろうけど。                           告白を言えちゃう女の子だから甘さが短く終わる。                           ハルトは「そばにいろ」って言った時、誰って感じだけど酔ってたのね。                  それで安心してパジャマ着たまんまか。女の子なんだからそのぐらいシャンとしないと。           料理教えてくれるしなんだかんだ優しかったな。                            内緒にしたのもとんだサプライズだったな。ハルトにこの主人公は必要なんだろうか。            指揮者で世界中飛び回ってるんだろうな。                              クラヴィアは双子だったわけか。さすがに生身の人間にくっつけんのは無理だろ。              元からロボットだったらわかるんだけど。                              セクハラってあんな言われてたけどそんなの気にしてない主人公。男にそんなことしたら後で何が起こるか。 何も起きなかったけどね。やきもち焼いたらやっと来た。                         厄介者だけどこういう時に役に立ったな。                              アルシェは主人公を荷物係にする。 当たり前になってる主人公を調子に乗らせないってとこがいいな。だいぶ見直しました。                                         ご両親が珍しくとてもいい人でした。思い過ぎて重かったって奴か。                   根はいいやつで黒いとこなんて全然なかったね。                           コンプレックスどこいった的な気がするけど。そんな感じてない。結局母親への愛の話だった。         聞かせたいってとこが強くて思い通じたって感じ。                           浮気するって自分で言っちゃうのね。今時の主人公はついていかないだろうな。              とりあえず体だけ奪えば気持ちなんて後でついてくるって奴ね。ドレスも作戦ってことね。           そんな詐欺的なこと思いつくアルシェが会いに来るとこは意外だと思った。                 チャンスがないぐらい喧嘩したけど演技するとこはカリスマ的な感じするな。ずるいな。            次は総評です。アルシェがいたから買ってよかったって思った。                     それ以外は物語に理解ができずボタン押すだけ。特に活躍する場面なかった主人公でした。ピアノ弾きはヴィッセの役だからね。

ハイリゲンシュタットの歌 総評

  1. 2017/10/08(日) 11:05:43|
  2. 文化放送エクステンド
  3. | コメント:0
おいおい主人公どこに行く。夜に独りで森行けていつの間にシャワー室まで行くのってとこあります。      置いてきぼり状態。物語は現実的に考えると不可能を可能にするには無理がある。             主人公に説明なく終章でキャラが行動するので理解が出来ない状態があるし場面壊し過ぎなんじゃないってとこありました。 説明することなく終わっちゃったって状態です。                      アルシェはご両親がいい人で何も失わずに済んだのでそれなりに理解はできました。            自分の気持ち言えないけどハルトと仲良いことがわかるし終りはなんとなくでしたけど。 後は果たしてストーリー的にこの主人公必要だったのかなと思う。                              役に立つことなかったし得意なことなんて何もない。                          シナリオ  ★★☆☆☆    2.4                               糖度    ★★☆☆☆    2.4                              事件性   ★★☆☆☆    2.0                              主人公   ★☆☆☆☆                                    楽しめた度 ★★★☆☆                                    総合評価 C+                                         キャラ的にアルシェ>>>クラヴィア>ハルト>忘却の使徒>ヴィッセ>ディー               緊張感がなく告白が言えちゃう主人公でした。突っ込み所多い主人公だし15歳でも問題ない。        慣れ過ぎて当たり前になってるし恋愛には「ちょっと待って」が多すぎる。                 この主人公は恋愛に持っていくには手間がかかりそうな気がする。空気ぐらい読もう。            糖度は短く終わるけど迫ってるとこあるし星2。このギャグが伝わらないと苦しいだろうな。          現実的に考えるとかなり有り得ないってとこ2人。アルシェがいたからよかった。              事件性は説明不足ですし理解しようがないです。                           アルシェだけはなんとなく唯一わかったので星2つけました。 購入予定では10月はなし。スチプリはあんまり甘くなかったので蝶々事件ラブソディックは猟奇殺人事件だし様子見。キスが突然だなと思ったので評価待ちです。学園クラブのボリュームがどうなるか気になるな。

<<NEW ENTRY  | BLOG TOP |  OLD ENTRY